黙って話を最後まで聞く事が大切だよ。

久しぶりに田舎に帰郷。

70歳を前にした母親の話が止まりません。

堰を切ったように話し続けています。


私は、うんうん、と頷いて聞いているだけ。

たまに、タイミングを見計らって相づちを打つ感じ。

もちろん、聞いているときは笑顔も忘れずに。


一通り話し終えて、すっきりとしたようで、

スッと布団で眠りにつきました。


実に楽し気に話をしている母親を見ながら思いました。


本当の親孝行というのは、

お金をあげる事でも、

プレゼントをあげる事でもなく、

とにかく話相手になってあげる事なんだな~と。


これは実感しました。


決して、話の腰を折ってはダメで、

最後までちゃんと聞く事。


たま~に、他人の悪口の話になれば、

やんわりと、

「ま~あ、ま~あ、その人も●●で大変なんだね~。」

って感じで悪口を助長させない事も大切ね。

悪口は、出来るだけ言わないほうが精神衛生上良いからさ~。

これが、最高の親孝行だと思います。


確かに、毎日聞くのは大変かもしれないけど、

育ててくれた世界に1人しかいない母親ですからね。


話くらい笑顔で聞いてあげましょう~。

本当に、楽しそうですから。


父親に関しては、また別の機会にお話しさせて頂きます。